News & Topicsアイフィーリングのイベントや
キャンペーン情報などをお届けします。

受験生応援キャンペーン

2021.08.08 キャンペーン
受験生応援キャンペーン

暑い中、受験のためにがんばっているみなさんへ
I feelingが送る「受験生応援50%OFFキャンペーン」。
1日の学習効率は、睡眠に大きく左右されるのをご存じですか?
この暑さを乗り越え、集中力をUPさせるためにも睡眠はとても大切です。
今回は、受験生だけでなく、子どもを支える親御さんも対象です。
一緒に受けても親御さんだけでも、もちろん受験せだけでもOK!
ぜひ、I feelingの「睡眠イヤーテラピーコース」をこのチャンスに体験してください。


■期間: 8月~9月末予定 ※期間は、予告なく終了する場合がございます。
■対象コース:受験生応援コース50%OFF
 睡眠イヤーテラピー(40分)+ヘッドケアorフットケア(20分)
 60分 通常7600円→3800円
 ※簡単なアンケートにお応えいただきます。
■対象者:【1日3組限定】15歳~20歳の受験生とその親御さん
■対象店舗:I feeling 有明ガーデンのみ



Q 睡眠にはどんな役割があるの?


脳の活性化のためにも、受験生には睡眠がとても大切です。
人間は睡眠中、深い睡眠(ノンレム睡眠)と浅い睡眠(レム睡眠)をくり返しています。
深い睡眠の間には成長ホルモンを分泌して脳や身体の疲れを回復させ、
浅い睡眠の間には記憶の整理・定着などを行っていいます。
受験生のみなさんにとって睡眠は脳や身体を育む役割もあり、成人以上に重要なものとなっています。



Q 睡眠が不足するとどうなるの?


寝不足の翌日は眠気により意欲や集中力が落ちてしまいます。
睡眠不足の状態が続くと、脳では記憶を司る海馬の体積が減少すると言われています。
寝不足になると意欲も低下し、自己効力感(自分はできる、という感覚)や
達成感が味わいにくくなってしまいます。
そんな状態では勉強に集中することなど難しいし、効率も著しく低下してしまいます。



Q 日どのくらい寝ればいいの?


一般的には、14~17歳は8~10時間、18~25歳は7~9時間の睡眠が必要だと言われています。
睡眠時間と学力の相関関係を調べた調査によると、
睡眠をしっかりとれている子どもはそうでない子どもに比べて成績が良く、
就寝時間が早い子どもは遅い子どもに比べて成績が良いという結果が出ています(※1)。
学習成績アップを目指して受験生こそしっかり寝ることが必要です。
※1:National Sleep Foundationの発表による



Q I feelingってどんな施術なの?


I feelingの施術は、耳からのアプローチを起点にした独創的技術で身体と気持ちを整えて
上質な睡眠をナビゲートする日本初の新感覚リラクゼーションです。
全身の緊張を取り除き、オキシトシン・セロトニンといった幸せホルモンの分泌を促します。
また、耳だけでなく、頭皮・耳まわり、首などのコリや疲れを取り除き、スッキリとカラダを整えます。

さあ、あなたも睡眠をしっかりとって、勉強の効率をアップさせましょう!


<実際に受けた受験生の声>
●勉強の効率があがる ●心地いい
●良く眠れた ●気持ちいい朝を迎えられる
●気持ちが落ち着く ●起きた時朝からシャキッとする
●気持ちいい ●次の日集中できた
※個人によって感覚は異なります。ご了承ください。
ページの先頭へ