睡眠革命とは

⽇本⼈全体が慢性的な
睡眠不⾜に陥っている。

慢性的に睡眠不⾜。そういわれる⽇本⼈の平均的な睡眠時間はどれくらいなのだろうか。⽇本を含めた14カ国の睡眠時間について調査したところ、⽇本は平均睡眠時間が世界で最も短いことが分かりました。
睡眠不⾜は、健康や⽣産性に直結する重要な問題です。規則正しい⽣活をして、⼗分な睡眠をとることが⼀番とは分かっていても、それができないからこそ、質の良い睡眠をとり、健康な⽣活を送りたいたいと思う⼈は多いと思います。

出典:OECD 2020  TimeuseacrosstheworldPortal をもとに作成(http://www.oecd.org/health/health-data.html)

年代別・睡眠時間の不⾜感。

実際に睡眠時間を調べた数々の論⽂をまとめたデータによると、夜間の睡眠時間は20代で約7時間、40代で約6.5時間、50〜60代で約6時間と、加齢とともに必要な睡眠時間が少なくなるということが報告されています。
とくに、30代、40代のが睡眠不⾜を⾃覚しており、仕事に、家事にと最も忙しく、また充実した時期であるこの年代の⼈たちの多くが、眠りに関する「悩み」を抱えているという実態がわかります。

睡眠不足を感じている人の割合

リラクゼーションの概念を変えた
「睡眠⾰命サロン」の誕⽣。

睡眠不⾜は個⼈の健康やパフォーマンスに悪影響を及ぼし、社会的に経済損失ももたらす「睡眠負債」となります。そんな睡眠課題を解決するため、 「エーワンアカデミー」総合監修のもと、⻑年の技術研究から、アイフィーリングは⽇本初のイヤー・スティムレーション(⽿への刺激)による、⽿を中⼼とした刺激で⾃律神経を整え、睡眠、体質改善に効果のある新しいリラクゼーションサロンを開発いたしました。

睡眠⾰命サロンとは

I feelingの根底にある概念として「⻑⽣きで健康的な社会」の実現を⽬指しています。リラクゼーションも時代背景に合わせた進化を続けており、特に、⾃律神経のコントロールが苦⼿になった現代⼈、何らかの未病の兆候を⾃覚している⽅は、カラダが⼈間本来の正しい動きを必要としているときこそ、その役割はますます重要になってきています。発想を変え、シーズ志向で世の動きを注視して課題をあぶり出し、エーワンの持つ技術を魂込めて注ぎ込んだ、まったく新しいサービスが「睡眠⾰命サロンI feeling」です。

コンセプトムービー

ページの先頭へ